中学レベル
    中学時代にあまり勉強していなかった人向け。
    基本の基本から理論的に学べる。
    さらに易しいものはこちらの中学英文法を参考に。
    中学時代にまったく勉強していなかったわけではないが、
    軽く中学レベルまで立ち返りたい人向け。
    高校基礎レベルの内容も含む。

基礎〜標準
    網羅系文法書の定番。
    苦手意識のある人はまず通読し、
    文法の全範囲を把握しておきたい。
    そして自分の苦手分野を具体的に確認し、
    その後も辞書として活用しよう。
    『Forest』でほとんど理解できなかった人向け。
    ギャグなども交える補助的参考書である。
    ただし網羅性はあまり高くないので、
    あくまでも補助として使う。
    何かしら苦手分野がある人は、
    本書か下記『山口実況中継』をやろう。
    こちらの方が敷居は低い。
    比較など苦手分野がある人や、
    さらなる理解を求める人に向いている。
    講義調で非常に読みやすい。
    『面白いほど』よりも敷居は高いが、
    そのぶん到達点も高い。

難関〜超難関
    Forestでは満足できないという人用の文法書。
    非常に細かい点までカバーされており、
    英文法に関しては受験レベルを超えた理解が得られる。
    『ロイヤル』は辞書のような作りで参照もしやすい。
    『英文法解説』は短い説明と多数の例文が並ぶ構成で、
    より実際的なものになっている。

問題集
    基本的な文法事項が身についているかを、
    多様な形式の問題を通して確認していく問題集。
    基礎の部分についても親切な解説があり、
    やや苦手な人向けといったところ。
    典型的な文法問題も解けるようになるレベル。
    『解いてトレーニング』同様に、
    全体的な文法力を確認・強化していくためのものである。
    こちらは初歩の解説は省かれているが、
    ある程度自信のある人にとっては
    時間的なロスも少なくスムーズに取り組むことができるだろう。
    網羅性も比例して高くなっている。
    長文を読むための文法という意味ではここまででも充分だが、
    標準から難関レベルの文法問題対策を
    特別に行いたい場合は以下に進む。
    これ以降の問題集は完全に文法問題対策といった構成で、
    似た形式の文法問題がずらっと並んでいる。
    本書は、問題と解答解説が別冊になっており、
    下記『ネクステ』と比べると解説が丁寧である。
    難易度は同じくらいなので、
    基本的にはこちらのほうがいいだろう。
    文法問題集の定番ネクステだが、
    あまり万人向けとは思わないほうがよい。
    解説が他のものと比較するとかなり簡易的であり、
    そこそこ得意な人でないと使いづらい。
    ただし、発音・アクセントまで扱っている問題集は多くないため、
    幅広い問題を押さえておきたい場合は選択肢に入れるといい。
    上記『全解説1100』と同じような作りで、
    穴埋め四択を中心に問題が並んでいる。
    こちらも解説が問題量の三倍ほどあり、割と詳しい。
    難しい文法問題が出る大学(上智など)を受ける人や、
    文法問題を完璧にしたい人には必須と言える。
    問題が単元ごとに分かれていないので、
    入試直前の実力チェックに最適である。
    マーチ・上位国立大以上の志望者は難関大学編を、
    それ以外の人は標準編を使用する。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
高校参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.