中学レベル〜基礎
    中学の単語に自信がない人は、
    まずはこれでしっかり身につけておこう。
    中学から高校基礎レベルの単語までカバーされている。
    レイアウトも秀逸で、使いやすく万人受けするものだろう。
    さらに単語ごとに絵が付いているのも大きな利点である。
    取っ付きやすさ、記憶の残りやすさなどに優れる。

基礎〜標準
    ミニマルフレーズと呼ばれるフレーズを使って覚える単語帳。
    たとえば「decide:decide to tell the truth」などである。
    実際に使用される形で覚えられる。
    収録語数は1500語。
    単語の他の意味にも目を通しておきたい。
    CDは、単語→フレーズ→日本語→フレーズ→フレーズという流れ。
    音で記憶するとアウトプットもされやすくなるだろう。
    『DUO』の省エネ版とも言えるもの。
    掲載語数は通常版が単語1600語・熟語1000語であるのに対し、
    こちらは1000語・600語となっている。
    日東駒専・中堅国立大あたりまでならこちらでよい。
    詳しい内容は下記DUOの項目を参照のこと。
    CDは練習用(基礎用)3枚と復習用1枚の計4枚が入っている。
    それぞれの違いは同じく下記参照。
    単語の語源・成り立ちなどが各単語ごとに説明されている。
    何かしら理屈をつけたほうが覚えられるという人にうってつけ。
    見出し語の意味は、その単語の核となるような言葉で表されており、
    応用が利きやすい単語力が身につく。

標準〜難関
    単語と日本語訳が対になっている標準的なリスト型の単語帳。
    このようなタイプは文法知識がなくとも使いやすい。
    そのため初心者向けとも言えるが、シス単やDUOが苦手とする
    多義語の習得ということを視野に入れた場合、
    むしろ中堅〜難関大志望者こそ所持しておきたいものである。
    リスト型の単語帳は、二番目以降の意味が黒字になっていて
    肝心の赤シートでのチェックができないなど問題のあるものも多いが、
    本書ではそのような点も考慮されており、
    最も実用的なものと言えるだろう。
    特徴は上記の『シス単Basic』と同じ。
    収録語数は2000語になっている。
    CDの流れもまったく同様である。
    ひとつの完全な文を使うタイプの単語帳。
    シス単のように実際に使われる形で覚えることができ、
    文法の演習にもなる。熟語も掲載されている。
    しかしそのために、ある程度の文法知識は必要とされる。
    ひとつの文に複数の単語が出てくるので、
    そこそこの単語知識もないとやや苦しい。
    一定の学習が進んでから使用するべきものと言える。
    『基礎用』は、日本語→英文(スロー)→登場単語→英文(ナチュラル)という流れ。
    復習用よりも一文を終えるのに時間はかかるが、
    日本語訳が流れるため、DUO本体が手元にない状況でも使用しやすい。
    『復習用』はナチュラルスピードの英文が流れるのみ。
    そのため、DUO本体が手元にある環境での使用に向く。
    ナチュラルスピードでどんどんやりたい人は復習用のみでよい。
    両者とも掲載されているのはある程度の長さを持った文なので、
    リスニングの基礎作りとしても有用だろう。
    まるままひとつの文章を使った単語帳であるが、
    単語帳というよりも長文読み込み本と捉えたほうがよい。
    DUOと同様に、単語・文法知識は持っていることが前提。
    解釈についても基本的なものは終えてから使用したい。

難関
    ドラゴンイングリッシュと似た、理屈で攻めるタイプの単語帳。
    違いは、すべての単語に理屈がついているわけではないこと、
    言葉のイメージ図がいくつも掲載されていること、
    そして見出し語が熟語も含めて倍以上あることである。
    本書には派生語を除いても2000語以上載っている。
    頻出度でレベルが三つに分けられており、
    東大などの難関大志望者でなくても使うことは可能。
    単熟語がテーマ別に見やすくまとめられているのが特徴。
    単語1600語・熟語350語。CD付属。
    初めから手元においておくというよりは、
    単語はひと通り覚えただろうという人が
    テーマに沿って語彙を整理し直したり、
    さらに拡張していくといった使い方に適している。
    「使用者の声」というものがページに割り込んでくることがある、
    ややクセのある単語帳である。
    とにかく語義が多いのが最大の特徴。
    こちらも学習の中盤から終盤での知識確認や、
    さらなる語彙力増強に使用するのが最適だろう。
    便宜上単語の項目に入れてはいるが、
    ここに載っている単語を覚える必要はあまりない。
    むしろ文章自体が難しいので、
    東大京大・早慶レベルの長文を読む
    練習をするためのものと考えるべきである。
    実際の入試では、未知の単語に遭遇することがしばしばある。
    そのときいかに文章を読んでいくかを訓練することができる。
    単語は覚えられればもうけものくらいに考えておこう。

熟語
    通常の熟語帳に「最重要」として載っているような、
    頻出度の高い熟語が集められている。
    熟語まで手が回らないという場合などにちょうどいいが、
    あくまで緊急回避的な手段としておきたい。
    単語のFOMULAと同タイプのリスト型熟語帳である。
    使いやすさも同じく非常に優れている。
    例文はほぼすべて実際の入試問題からの採用。
    巻頭には図付きの前置詞のイメージ、
    巻末には会話表現200が掲載されている。
    CD付属。
    シス単の熟語版であるが、
    同じようなものとは考えないほうがよい。
    レイアウトには多少見づらい部分がある。
    しかし掲載語は1430とかなり多いため、
    とにかくたくさん熟語を覚えたい人や、
    ある程度覚えている人が再確認したりするのに便利。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
高校参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.