参考書
    辞書のようにも使用できる網羅系文法書の定番。
    良くも悪くも過不足なくまとまっているため、
    大学受験やTOEICなど用途は問わない。
    高校レベルの文法を基礎から押さえたい場合には最適と言える。
    英語はそこそこ勉強してきたという人は、
    まず下記の問題集からやってみるとよい。
    誤答しても解説を読めば理解できるレベルなら本書は必要ない。
    文法にあまり自信のない人、問題集での誤答がかなり多い、
    解説が理解できないという人はかならず所持しておきたい。
    『Forest』でほとんど理解できなかった人向け。
    ギャグなども交える補助的参考書である。
    ただし網羅性はあまり高くないので、
    あくまでも補助として使おう。
    比較など苦手分野がある場合や、
    さらなる詳しい理解を求める人向け。
    講義調で非常に読みやすい。
    高校レベルを超えた文法を学びたい人のための文法書。
    普通の『ロイヤル英文法』と異なるのは、
    コミュニケーションに主眼を置いているところである。
    細かなニュアンスの違いなどが随所に載っており、
    知的好奇心を喚起するような作りになっている。
    確認問題・TOEIC形式の実践問題が付いているなど、
    文法書としては充実感あふれる一冊である。

問題集
    基本的な文法事項が身についているかを、
    多様な形式の問題を通して確認していく問題集。
    基礎の部分についても親切な解説があり、
    やや苦手な人向けといったところ。
    典型的な文法問題も解けるようになるレベル。
    『解いてトレーニング』同様に、
    全体的な文法力を確認・強化していくためのものである。
    こちらは初歩の解説は省かれているが、
    ある程度自信のある人にとっては
    時間的なロスも少なくスムーズに取り組むことができるだろう。
    網羅性も比例して高くなっている。
    本書と下記『全解説1000』は、
    完全に文法問題対策といった構成で、
    似た形式の文法問題がずらっと並んでいる。
    問題と解答解説が別冊になっており、
    定番問題集であるネクステと比べて解説が丁寧。
    『全解説1100』と同じような作りで、
    穴埋め四択を中心に問題が並んでいる。
    こちらも解説が問題量の三倍ほどあり、割と詳しい。
    850点以上を目指して文法を完璧にしたい人向け。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
TOEIC参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.