はじめに

    ポレポレルートは万人向けで、
    「英語はある程度得意だった」「より本格的な学習をしたい」
    という人向けなのがビジュアルルートである。
    両方とも基礎から始まり、最終到達点は900点以上。
    ポレポレルートは、三冊ともそれぞれが
    解釈における文法事項をおおよそカバーしているので、
    途中下車が可能である。これに対して
    ビジュアルルートは、『ビジュアル?・?』については両方やらなければ
    中途半端になってしまうため、途中下車はできない。
    したがってはじめから900点クラスを目指す人のためのルートだと言える。

ポレポレルート
    一文を用いて解釈の要点を分かりやすく解説している。
    高校基礎レベルの文法、単語は身につけてから使いたい。
    薄い本でレイアウトも見やすく取り組みやすい。
    700点くらいまでなら、解釈については
    本書をしっかりやっておけば充分である。
    800点程度を目指すならここまでやっておきたい。
    さらに上を狙う場合も、下記『ポレポレ』は難度が高いので、
    これを挟んでおくとちょうどよい。
    『基本はここだ』と同じように親しみやすい体裁だが、
    かなり込み入った文を扱っており難度は高い。
    文もひとつではなく複数になっているものがほとんどである。
    900点以上を目指す人用。

ビジュアルルート
    こちらもまず短文を扱い、その要点を解説するというスタイル。
    さらにその知識を使って長文を読み、また解説というふうになっている。
    じっくりと緻密な分析をしていくものである。
    古い本なので固い印象があるのは覚悟しておきたい。
    英語は得意ではなかったがこちらのルートでやりたいという人は、
    『基本はここだ』を土台にしてから入ってもよい。
    ここまでやり終えることで解釈の全体像が見える。
    900点以上を目指す場合にも、
    この二冊で充分な力がつくだろう。
    英文解釈を極めたいという向きのための参考書。
    これまでに身に付けた構文知識を、
    一定の長さをもった難度の高い文章で確認していく。
    『ビジュアル』で扱った事柄が別の見方で整理される。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
TOEIC参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.