憲法
    レジュメ・一問一答・過去問で構成されている。
    重要事項に的を絞った丁寧な説明と、
    同じ知識を順を追って数度確かめる問題によって
    まったくの初学者でも充分すぎるほどの基礎固めができる。
    時間がない場合などには最適だが、
    網羅性という点ではやはり過去問には劣るので、
    しっかり学習しておきたい人は『スー過去』までやったほうがいい。
    初見のさいも復習するさいにも使いやすい、
    絶妙にまとめられたレジュメが特長。
    説明と図、判例などが量的にもバランスよく配置されていて
    頭に入りやすい。網羅性も高く、
    問題にはかなり難しいものも登場するが、
    すべて解こうと思わなくてもいい。

民法
    範囲の広さと理屈の複雑さで
    経済と並ぶ難関科目となっている民法であるが、
    本シリーズは講義をしているような形式で書かれており、
    感覚的にとても理解しやすい。
    理屈の重要性からするとこの利点は非常に大きいものである。
    民法導入の定番。
    網羅性の高さはもちろんのことだが、
    問題解説の力の入れようにも特筆すべきところがある。
    論点について「要するになんなのか」が
    把握できるような核心をついたものが多く、
    さらには問題の解き方の教示まである。
    ただしゼロからいきなり取り組むのは厳しいので、
    初学者は『まるごと』をやっておきたい。

行政法
    行政法は「鉄板」とされるような参考書がないのだが、
    比較的わかりやすい本書を導入として、
    その後『クイマス』をやるのがいいだろう。
    『スー過去』はたんなる事柄の羅列になっていることが多く、
    法学部などで既習の人が知識を整理するくらいにしか利点はない。
    こちらは一般的な学習者の使用にたえるものである。

刑法
    刑法は理論部分が難解な科目である。
    『スー過去』はその理論をがっちり詰め込んでいるので、
    そこそこやっておこうか程度ならば
    説明も平易なものが多いこちらのほうがいいだろう。
    先に述べたように難解な理論を事細かに説明している。
    一般的な『スー過去』よりも文字がぎっしり詰まっているが、
    随所に具体例が交えられたりしていて、
    パッと見の印象よりは理解しやすいだろう。
    しっかり取り組みたい場合はこちらで。

労働法
    『スー過去』はややオーバーワーク気味であり、
    本書だけでも労働法はある程度まかなえるため、
    多くの受験生にとって有用なものになるだろう。
    レジュメもこちらのほうがわかりやすい。
    上記のとおりややオーバーワーク気味ではあるが、
    労働法には『クイマス』もないため、
    完璧に仕上げたい場合はこれ以外に選択肢はない。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
公務員試験参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.