導入
    博士と生徒が対話していく形式になっており、
    とても読みやすい。
    これだけで問題がどんどん解けるようになるというものではないが、
    自然科学が特に苦手な人は、
    導入として使用してみるといいだろう。

基礎
    こちらも苦手な人向けだが、
    基礎的な問題は解けるようになるレベル。
    『気楽に読める』を除けば、
    自然科学の参考書は事柄の羅列になっていることが多く、
    苦手な人が学習するにはかなり無理があった。
    本書は基礎から親切に説明されている稀なものである。
    入念に準備しておきたい場合は、
    高校理科の参考書(物理化学生物地学)で学習しよう。
    センターレベルまでやっておけば充分である。

過去問
    『スー過去』は人文科学のものと同じく、
    自然科学系の科目をすべて一冊に詰め込んでおり、
    クイマスよりも各科目の問題量が少なくなっている。
    過去問としてはやや心許ない。
    さらにレジュメもこちらのほうが比較的親切なので、
    過去問にはこちらを勧める。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
公務員試験参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.