はじめに

    時事はおまけ科目のように扱われることも多いが、
    公務員試験においては重要科目であると考えたほうがよい。
    たんに時事問題の占める割合がそこそこ高いことに加え、
    教養論文では時事知識があったほうがより現状に即したものが書けたり、
    面接でも時事的な話を直接聞かれることがあるからである。
    このページでは、試験対策本として書かれた「抜粋型」二冊と、
    就職活動向けではあるが、
    最近の出来事を広く掲載している「網羅型」一冊をとりあげる。

抜粋型
    試験に出題されそうな話題が集められ、
    それぞれにシンプルな説明が付いている。
    「はじめに」で述べたように時事という科目の重要性を考えると、
    下記『攻略の秘策』とあわせてやっておきたい。
    余裕があれば『日経キーワード』との併用も効果的だろう。
    なお、本書の問題集版である『速攻の時事 実戦トレーニング編』は、
    著者が『まるごとインストール』と同じためか、
    解説がかなり主観的なものになっているので不要である。
    テーマごとの解説に加えて
    穴埋め問題が付いており、暗記しやすい。
    各試験の頻出項目などのデータもあり、
    時間がない場合は効率のよい学習に役立つ。
    『速攻の時事』と相互に補完しあえば
    時事対策はほぼ抜かりのないものになるだろう。

網羅型
    日経という名の通り、経済や金融、財政分野に力を入れていて、
    基礎用語ミニ辞典というものもある。
    その他にもスポーツなど幅広いジャンルも扱われているため、
    時事知識を網羅する参考書として使用することができる。
    新聞記事のような作りで読み物としても使いやすい。
    なお同じようなタイプに『現代用語の基礎知識』があるが、
    著名な執筆者が思想的に軒並み一方に偏っており、
    主観的な意見を述べているだけの箇所が多いので勧められない。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
公務員試験参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.