用語集
    用語集は、授業や参考書などで分かりにくい点があった場合などに
    辞書として参照するためのものである。
    曖昧に覚えているものを明瞭に理解し直せるのも利点。
    これは論述に直結することである。
    高得点を目指したいマーチ・中上位国立志望者、
    または東大京大・早慶志望者向け。

基礎
    日本史を物語のように読むことができる参考書。
    人物の性格や背景などがよく盛り込まれ、
    興味を持ってスムーズに読み通せるようになっている。
    このような参考書で土台を作っておくと、
    今後の学習における暗記も格段に楽になるだろう。

センター
    下記『実況中継』をしっかりやっておくに越したことはないが、
    日本史はセンターだけの人で、
    時間を取れないという人には本書の代用を勧める。
    古代から現代まで時代を網羅しており、
    赤シートによる語句の簡易チェックまである。
    わかりやすい文章なので理解もしやすく、
    『センター 一問一答 完全版』と組み合わせれば
    高得点も狙えるだろう。

標準〜難関
    講義形の特長である語り口調だが、
    本シリーズは特にフレンドリーな文体で、
    様々なことがすんなり頭に入ってくる。
    さらに付録のサブノートによって
    学んだ知識のチェックができるようになっている。
    加えて講義CDも付属しているため、
    参考書としてはかなり充実感がある。
    網羅度も高く、万人向けと言える。

一問一答
    知識の確認と定着用。
    早慶レベルの細かい知識までカバーしており、
    一問一問集としての網羅度はNo.1。
    星によって重要度が区分けされているため、
    これらの大学志望者でなくとも充分使用できる。
    目指す得点によって使用法を柔軟に変化させるとよい。
    「日本史はセンターだけ」という人はこちら。
    実際のセンターの問題を使って、
    センター独特の出題傾向に慣れることができる。
    たんに問題と解答の羅列があるのではなく、
    参照用に関連ページが付記されていたりするため、
    一問解くだけでも周辺の事項まで洗い直せる作りになっている。
    史料対策の一問一答。
    問いと答えがずらっと並んでいるだけのものではなく、
    史料にある漢字にはすべてルビが付き、
    それがどのようなものなのかの「訳」、そして解説もある。
    知識の確認だけではなく、
    史料についての知識がみっちり習得できるため
    一石二鳥である。

問題集
    穴埋めで基礎用語のチェックをしていく。
    『実況中継』や教科書の知識定着に使う。
    基本問題集。
    流れの確認重視。
    通称黒本。
    センター過去問はこれで。
    中堅〜難関向け。
    厳選された難問をじっくり解く。
    解説も詳しい。

論述対策
    『明快講義』は書き方というよりも、
    論述のための考える力を養う参考書である。
    これで基礎力をつけた後に『考える』で書く訓練をしよう。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
高校参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.