はじめに

   国語という科目においては二種類の人が存在する。
   文章の内容がある程度分かる人と、ほとんど分からない人である。
   分かる人の場合は、一般的な参考書・問題集などを用いて
   問題に慣れることで得点も上がろうものだが、
   分からない人はどうだろうか。
   おそらくいくらか問題をこなしたところで、
   あまり点数に変化はないだろう。
   本をそれほど読んでいない、国語力がないと言われる人が、
   雑多な問題をこなしても力がつかないのは当然の理とも言える。
   闇雲に本を読めば国語力がつくというものでもない。
   ではどうすればよいか。結論から言えば、
   下記の『出口汪の新日本語トレーニング』シリーズに加え、
   補助的に漢字と語彙の勉強をすることである。詳しくは該当項目で説明する。

国語力養成
    高校現代文で有名な出口汪の参考書。
    過去に発売された『日本語トレーニングプリント』の改訂版。
    対話形式が取り入れられ、より読みやすくなっている。
    本書で採用されている文章は、いずれも著名な作家の書いたもので、
    たんに読書量という点でも効果は期待できる。
    ただ文章を読むだけではなく、どのように読むか、
    そしていかに書くか、解いていくかをトレーニングしていく参考書である。
    中学受験の漢字は、この『出る順』を何周かこなしておけばよい。
    『難語600』は、不慣れであろう言葉のまとめ問題集である。
    赤シートで手軽に語彙力をチェックしつつ覚えられる。
    この二冊で語彙力は万全と言える。

問題実践
    『新日本語トレーニング』で身に付けた日本語の扱い方の基本を、
    実際の問題の読み方・解き方へと応用していく問題集。
    一問一問違った解き方をするのではなく
    一貫した方法で解いていくため、着実に得点力をつけることができる。
    なお、難関校を目指していない限り難関編をやる必要はない。

中学校

    小学校の内容を終え、
    中学国語を学習したい場合は
    中学参考書セレクションの国語(現代文・漢字国文法・古典)へ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
小学参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.