基礎
    初学者向けだが、
    原理・原則が学べて有用性は高い。
    特に苦手な人などは、
    これを一読しておくと以降の学習がスムーズにいく。

センター対策
    とても読みやすく頭にも入りやすい。
    一方で、ポイントの整理という点では『集中講義』に軍配が上がる。
    用語集などとあわせて知識を整理したい。
    私立大受験を視野に入れている人は、
    下記私立大対策の『畠山』を代用した方がよい。
    『面白いほど』よりもやや難しく、説明が簡潔。
    そのぶん要点はよくまとまっているので、
    「なんとなく理解しているつもり」
    くらいの人が、知識を整理するのに最適だろう。
    不明瞭な点があるときに辞書として使う。
    この『畠山問題集』の方は、
    基本的な問題が多くセンター対策として使うのに適している。
    通称黒本。
    センター過去問はこれで。

私立大対策
    今のところ、私立大対策としては
    これ以外の選択肢はないと言っても過言ではない。
    読みやすさは特筆すべきものがある。
    そのうえ整理された要点が併記されており、
    知識の体系化も同時に行える便利な一冊。
    ただし、上位大学を志望する人が準備を万全にするためには、
    用語集・一問一問なども使っておいたほうがよい。
    上記のものと同じ。
    不明瞭な点があるときに辞書として使う。
    マーチ以下志望者は、これで演習した後に過去問に入る。
    マーチ、早稲田等志望者向け。
    問題と解答が羅列されているだけではなく、
    項目ごとの分類、資料データなどがあるため、
    情報の整理がしやすい。
    さらなる知識の拡充にも役立つ。
    こちらもマーチで高得点を狙う人か、早稲田志望者向け。
    豊富な難問に触れられる。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
高校参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.