中学レベル
    中学レベルから学習し直したい人用。
    本書は中学数学参考書の定番で、
    一冊で中学一年から三年までカバーしている。
    小学生の内容にも不安がある人は、
    中学数学の「小学レベル」からやってみよう。

基礎
    初学者や、数学に嫌悪感があるような人向けの講義本。
    解説が非常にわかりやすく、
    教科書レベルでのつまずきがある人にうってつけ。
    これで理解を深めたら、チャートで基礎的な部分を
    演習することを忘れないようにしよう。
    初心者向けのわかりやすい講義本という立ち位置は上記と同じ。
    しかし、マセマシリーズは中堅大や難関大向けにも
    幅広く展開されているので、今後のことを考えると
    まずマセマをやってみて理解しにくければこちら、
    という順序で取り組むといいだろう。
    分野も多少細かいのでつまみ食いしやすい。

チャート式

   網羅系問題集の定番チャート式。
   各レベルに応じた解法事典とも呼べるようなものである。
   白・黄・青の中から、志望校にあわせて一種類所持しておこう。
   ・ チャート式 基礎と演習 数学T+A
   ・ チャート式 基礎と演習 数学U+B
   ・ チャート式 基礎と演習 数学V

    基本問題が最も多く収録されている。
    教科書章末、センターレベルまでカバー。

   ・ チャート式 解法と演習 数学T+A
   ・ チャート式 解法と演習 数学U+B
   ・ チャート式 解法と演習 数学V

    教科書レベルから中堅大レベルまで。
    応用度の高い発展的問題にはあまり触れない。

   ・ チャート式 基礎からの数学T+A
   ・ チャート式 基礎からの数学U+B
   ・ チャート式 基礎からの数学V

    教科書レベルを軽く見直しつつも、
    難関レベルの問題までかなり幅広く扱っている。

センター
    センターは独特の形式をとっており、
    時間との勝負である。
    『マニュアル』には時間短縮のための解法が多数掲載されている。
    時間が足りないという人には一読の価値があるだろう。
    過去問は解説が詳しい通称黒本で。

標準
    中堅大志望者が、黄チャートなどで固めたパターンの
    応用力を鍛えるためのもの。
    これでボーダーラインには届くだろう。
    難関大志望者は基本的に飛ばしてもいいが、
    以下の参考書が難しかった場合に戻ってきてもよい。

標準〜難関
    実際の入試問題が並び、
    例題が典型問題、演習が発展問題となっている。
    標準的パターン問題の確認から難関大向けの思考力養成という
    バランスの取れたトレーニングができる。
    中堅大理系で高得点を狙いたい場合も、ここまでやっておきたい。

難関〜超難関
    難関向けにしては解説が詳しい。
    文系の人は『文系・理系数学』のみでよい。
    最難関大でも合格点は狙えるようになるだろう。
    理系の人は下記『やさしい理系数学』に手が出なかった場合に使用する。
    ただしあまり量が多くないため上記二冊ともやること。
    名前とは違って最難関向けである。
    例題50、演習150問。
    別解が豊富で多様な解法が身に付く。
    網羅性も高い。
    高得点を狙う文系の最難関大志望者は『文系・理系数学』を。
    理系の人は、下記『ハイレベル理系数学』に手が出ない場合、
    合わない場合などに二冊とも使用する。
    いずれも東大・京大の過去問が多い。
    『やさしい理系数学』のハイレベル版。
    やはりこちらも別解が豊富。
    例題50、演習150問。
    かなりの思考力が要求される。
    最難関大で高得点を目指したい人用。

分野別攻略
    整数についてまともに取り扱っているものはこれ以外にさほどない。
    文理問わず身につけておきたい内容が多く、
    多様な問題への応用もきく。
    中堅〜難関大向け。
    理系難関大志望者向け。
    微積分の本質的な理解ができる。
    問題も手広くカバーしており、微積に自信がつく一冊。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
高校参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.