はじめに

    英文法英文解釈の学習をする際にもかなりの語彙力がつくため、
    基礎的な語彙にあまり不安がなければ、
    語彙の学習はそれらが進んでから行うと効率的である。

〜500点
    単語1000語。
    一つの文の中に見出し語が頭文字だけ入っていて
    穴埋めをするという構成になっている。
    単純だが非常に使いやすく暗記しやすい。
    大方の単語帳は一定レベルのものをそこそこ網羅的にまとめているのだが、
    本書は幅広いレベルの単語を載せており、
    良く言えば多様、悪く言えばバラバラである。
    そのため便宜上「〜500点」としているが、
    それ以上のレベルの人が使っても有用にはなりうる。
    ある程度の高得点を目指して着実に力を付けていきたい人は、
    メインは以下の単語帳にして本書は補助的に使ったほうがいいだろう。
    TOEICに向けて勉強をはじめた人で、
    とりあえず手軽な単語帳をやってみたいという場合にはうってつけである。

〜600点
    単語1000語+熟語600語。
    『DUO』の省エネ版。
    一文のなかにいくつかの単語や熟語が含まれており、
    複数の語彙をいっぺんに学習できる。
    目標600点までが使用の目安。
    CDは練習用(基礎用)3枚と復習用1枚の計4枚である。
    それぞれの違いは下記参照のこと。

600〜800点台
    単語1600語+熟語1000語。
    上記「select」と特長は同じである。
    ある程度語彙力に自信がある人はこちらで。
    すでに本書を使っていたなどで、
    大方は覚えているだろうという人は飛ばしてもよい。
    受験向けの単語帳でもあるので、
    ビジネス系の単語にはやや弱い。
    「基礎用」は日本語→英文(スロー)→登場単語→英文(ナチュラル)という流れ。
    「復習用」に比べて一文を終えるのに時間はかかるが、
    日本語訳が流れるため、『DUO』本体が手元にない状況でも使用しやすい。
    「復習用」はナチュラルスピードの英文が流れるのみである。
    参照する『DUO』本体が手元にある環境での使用に向く。
    ナチュラルスピードでどんどんやりたいという人は復習用のみでよい。
    一周する時間も当然短くなるので、
    数をこなすことを考えた場合は有利である。
    単語1600語+熟語200語。
    本シリーズは、一定の長さをもった長文を使って
    語彙を増やしていくものである。
    ビジネスで使われるような単語が多く掲載されており、
    受験時に英語が得意だったという人でも
    初見の単語がしばしば出てくることだろう。
    扱われる英文もビジネス的なものが多く、
    文書・メールなど種類は多岐に渡っている。
    さらに文章ごとに四択問題が付いているなど
    バラエティに富んだ単語帳になっている。

900点〜
    単語700語+熟語200語。
    さらにビジネス方面に力を入れている。
    英文のレベルも上がっているため、
    TOEICに対応した文章の読み込み用としても使える。
    上記のものと違って四択問題は付いていない。
    単語3000語。
    2、3の見出し語が例文のなかに入っており、
    簡易的な『DUO』のようになっているところもあるが、
    すべての単語がそうなっているわけではない。
    基本的にリスト型の単語帳だと思っておいたほうがよい。
    900点以上を目指す上で、
    難単語の「抜け」をチェックするのに適している。
    単語3000語。
    本書はほとんどTOEICのレベルは超えているが、
    その先を見据えて
    まだまだボキャビルを続けたいという人用。



このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート
TOEIC参考書セレクション
Copyright (C) 2009-2016 gakusam.com All Rights Reserved.